マゴチルアー攻略法!シークレットな釣り方?

2014年9月2日

前回 マゴチのルアー釣り「サーフが一押し!」なんで!?(続)

あっ!そうです!
ルアーのレンジローテーションを「下から上」でした。 そうそう下~上なんすよ。

良く耳にするマゴチルアー戦略は、ボトムから30cm~50cmをキープ。
これが意外と難しいんですよ~

「今日も釣れない、また釣れね~!」こんな釣り人さんは、もしかして! ルアーが浮き上がちゃって中層レンジを泳がせている様な気がしますが、心当たりありませんか?

これが意外と浮いちゃってるんですよ~

狙いどころ(変化)のボトムから30cm~50cmをできるだけ長くキープ! なかなか上手くいかないのが現状だと思います。

” 超かんたん攻略法 ”

  • 比重のあるシンキングルアーを使用。確実にボトムをとってから、リトリーブ開始。
  • スローもしくは、デッドスローのストップ&ゴー。ロッドの角度調整(真上、45度、下向きなど)
  • ボトムタッチするか、しないかが理想のリトリーブ速度。 リール2~3回転でボトムタッチ程度。

イメージとしては! スロー巻きからデッドスローにした瞬間、ボトムタッチする感じでしょうか? タッチしたら巻く。

リールを巻いてルアーを「すぃ~っと」スライドさせる感じ。ゆっくりなリトリーブになりますが、ボトムから30cm~50cm以内をユラユラ泳いでいるはずです。

潮位が変わると、巻き速度やロッド角度が変わりますよね!同じ巻き方でルアーだけ交換。

【PR】

マゴチルアーレンジローテーション!

ローテーションと言っても、潮位が変わってもボトムレンジをキープすることが重要で、中層まで探る訳ではありません。

ビーチウォーカーハウル

<水深2m前後>
ヘビ―シンキング系(スピンドリフト他)

<水深1,5m前後>
ミディアムダイバー系(ヒラメハンター他)

<水深1m前後>
普通のシンキングミノー(スピンブリーズ他)
普通のフローティング(アサシン99F他)

釣り始めの潮位に合わせて選んで下さい!

なんだか面倒くせ~な~って方は新発売のルアー!「ビーチウォーカーハウル」(↑画像のワーム)大抵の潮位ならロッドの角度と巻きスピードで「マゴチ」はイチコロです。(非常に使いやすくお勧めです)

夏が旬のマゴチ釣り!産卵の荒食いでサーフにどんどん接岸してきます。このマゴチ釣りの良いところ!まぁ~場所をを選びますが水温が上昇する「春」から産卵時期の「初夏~真夏」そして「秋~初冬」長期間にわたり楽しめるところでしょうか?初夏から夏のマゴ
【PR】

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.