春パターンのバチと稚アユを釣り別ける!

2012年3月18日
春のバチシーズン真っ只中!皆さん絶好調のようです。今回は春のバチパターンと春の稚アユパターンを区別した釣行です。

春パターン!バチ&稚鮎

1か所目は、満潮からスタートしたのはいいのですが、どうも下げ潮が効くのが遅いようで調子が悪い。

下げ3分が過ぎてもアタリすらない。潮も下げ5分、移動するか迷っていたその時、下流側でライズ!!

ライズが徐々に近寄ってくる。集中力を高めキャストを繰り返す。

ルアーをやや上流にキャスト。 ルアーのウエイトは後方のまま大きくU字を書きながらライズの出た場所にナイトレイド80Fを送り込む。水を掴み始めV字の引き波を立て始めた。

ようやく本日のヒット。

春パターン

背びれを全開に立てナイトレイドを放さないシーバスを追加して2か所目に移動。

春パターン

お次は、河口部に行ってみるがアングラーでいっぱい。

少し様子を見ようとウロウロするが、みなさん釣れてる様子はなくお粘りコースぽいので仕方なく移動する。

上流側へ15分ほど歩き橋脚にやっと到着。先行者ゼロだが
叩かれまくった形跡がある。

”タバコのポイ捨てはやめましょう”

潮はタルイがまだ橋脚の先は流れがあるようだ。この場所では、稚アユを意識した釣りをしてみる。

ルアーをどれにするか迷ったが、ビーフリーズで橋脚のやや先にキャスト。狙いどうりの所に着水した。

ゆっくり巻いてルアーが橋脚を過ぎたあたりで「バイト!」ショートバイト。これで魚が居ることが分かった。

「2投目」ミスキャスト!風でビーフリーズがあおられる。

「3投目」橋脚に寄せ過ぎた為、橋脚の裏にビーフリーズが流され「あっ!引っ掛かる」と思った瞬間、反射的にジャークを入れロストは免れた。

ビーフリーズは、橋脚の手前まで泳ぎフォール。そこからリールをスローに1回転半。「ガッ~ツ~ンとHIT!」

春パターン

最後に

春パターン

の時期はネットや雑誌でバチ特集が記載されているが、ほぼ同時期に稚アユや他の小魚が姿を見せ始める。

バチポイントが混雑してる時でも、貸し切り状態で釣りができたりします。気にしてると良いことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.