ベイトの溜まる場所は万国共通!ヒラメの捕食場はどこ?

フィッシュイーターのヒラメはベイトの溜まる場所に姿を見せる。そんなポイントを狙い打てれば、釣れたも同然である。激戦区のサーフならベイトの溜まる場所をあらかじめ調べておくのが良いでしょう!

ベイトの溜まる場所ど~こ~

ベイトの溜まる場所が解れば、皆さんも苦労せずにヒラメを釣り上げる事が出来るはず。

今回は、ベイトの溜まりやすい場所!みなさんもサーフに居るベイトの気持ちになってみて下さい。ヒラメやマゴチのフィッシュイーターから追い掛け回され、逃げ続ける。 メチャクチャ大変っすよ!

そんなベイトも常に逃げ回っている訳ではなく、安全地帯で身を休めたりしながら捕食もしなければなりません。大変な一生です。

ベイトの溜まる場所とは「ベイトの安全地帯とベイトが食事をする場所」と考えると、思い浮かんできませんか?釣りをする場所がサーフと言うだけで、東京湾奥のシーバス釣りと同じように組み立ててみて下さい。

え~!?「それだけ~」ではもう少し。

サーフヒラメの浅い釣り人さんの為に軽く助言していきまっせ!

先ほど述べた二つのポイント「食事場所」「安全地帯」大きく別けるとこんな場所が、ベイトの溜まりやすい場所なんですねぇ~

ベイトの溜まりやすい場所
ベイトの溜まりやすい場所

ベイトの溜まりやすい場所=「食事場所」編

代表的なのが流れ込みや河口。小規模河口なんかは目が離せません。

小魚のエサとなるプランクトンが流れ出ている場所です。食物連鎖が始まるスタート地点になり「ヒラメの捕食場所」でもあります。

「流れ込みはやっぱり!良いサイズのヒラメでますね~!」

流れ込みはベイトが集まる一級ポイント
流れ込みはベイトが集まる一級ポイント

それと釣りをする時間や状況にもよりますが、「反転流」もGOOD!

サーフなんかにも「反転流」ができたりもします。
反転流は河口などの沖へ向う流れで出来た流れ。

サーフが荒れ気味で、波がグチャグチャな時こそが狙い目です!

良く見ていると淀んでいる部分は波がいくらか穏やかで、ベイトが溜まりやすい場所の一つです。

離岸なんかもそうですが「反転流」が出来ていれば、やはりベイトが溜まりやすくヒラメやマゴチの食堂でもあります。

そんな箇所をランガンしてみて下さい。

ベイトの溜まりやすい場所=「安全地帯」編

ヒラメに限ったことではありませんが、フィッシュイーターのヒラメ&マゴチにとって浅い場所は危険エリア!

その逆でベイトにとって深い場所は危険エリア。

浅い場所がベイトにとって安全な訳ですからシャロー帯もベイトが溜まりやすいんですよ。

まぁ~ベイトの種類にもよりますが、浅い所って小魚にとって安全地帯なんですねぇ~

(当たり前ですがベイトが接岸していればの話です)

浅い場所がヒラメから逃れられるからと言ってベイトも好んで(??)溜まっていますが、ただ浅いだけのシャロー帯は鳥からの攻撃もあります。

安全地帯と言っても油断できないのが自然界!

鳥からの攻撃は白波の中が安全地帯!

ヒラスズキは「サラシ」に身を隠す=見えない?見えずらい?

恐らく鳥からも見えずらい?かも?しれません。

浅い所はベイトの溜まりやすい場所
浅い所はベイトの溜まりやすい場所

上の画像の様にサラシってて、鳥が旋回しているサーフに出くわしたら!「ヒラメは釣れたも同然!」サーフはとにかく歩き「ベイトの溜まりやすい場所」を発見すること。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.