夏が旬のマゴチ釣り「釣り方も簡単」ボトムマスター!

ミノーでマゴチ釣り
ミノーでマゴチ釣り

が旬のマゴチ釣り!産卵の荒食いでサーフにどんどん接岸してきます。

このマゴチ釣りの良いところ!まぁ~場所をを選びますが水温が上昇する「春」から産卵時期の「初夏~真夏」そして「秋~初冬」長期間にわたり楽しめるところでしょうか?

初夏から夏のマゴチは産卵期で、釣れるマゴチも卵でお腹ポンポン!
釣れるサイズは45cm前後が多く「40cm超えるとメスに性転換」する
マゴチは卵も美味しいんで、夏のお勧めフィッシングです。

初夏から夏と言えばシロギス!投げ釣りをされる方にも、実は超~お勧め!「ルアーもやりたい!」「でもな~?」って言う釣り人さんでもイージーに釣れちゃう。これもお勧めでっせ!

そんでもって、どうすりゃ~釣れんだよ!

「潮周りとか?」「狙いどころ」「釣り方」「水温」とか?

一般的にサーフでは、大潮の前!若潮から中潮の「のぼり潮」と言われております。経験上どんな潮でも釣れるんですが、潮周りを気にするよりも釣行日の海況を気にして下さい。

それに合わせたゲームの組み立て!ルアー釣りの面白いところでしょう!

だだっ広いサーフで的を絞って釣りを展開しないと、時合い中に探りきれません。ある程度めぼしいポイントを決め、その周辺をランガン!

もちろん「ブレイク狙い」カケ上がりカケ下がり中心で探り、プラスα流れが加われば、なおさら期待が持てます。

マゴチに限ったことではありませんが、潮上を向きベイトを狙っています

(酸素なんかも取り入れやすいんでしょうか?)

マゴチの見ている方向が解れば、ルアーの通し方は解る訳ですよね?後は、ボトムレンジをキープしていれば簡単に釣れちゃいます。

ただ巻きで反応が無ければ「縦の動き」ストップ&ゴーやリフト&フォールをボトムレンジで織り交ぜながら楽しんで頂きたい。(水深が1m以下であれば、ボイルすることもある)

スナメリがいると釣れない?サーフの大チャンス!
【サーフ】 釣行日 6/24突然ですが皆さん! スナメリウオッチングってご存知ですよね? その「スナメリ」がサーフに姿を現すのもご存知かと思います。このスナメリがいると「釣れない」って聞きますが、姿が見えなくなったらチャンス!って言うのも聞

マゴチはヒラメと比べると落ち着きが無く、動き回ってベイトを捕食。

ルアーを見つけたらある程度の距離でも、マゴチの方から寄って来てくれる感じが強くとってもイージー!

そんなことから、マゴチが入ったサーフはヒラメが居てもマゴチの釣果が目立つような気もします。

マゴチの初夏~夏の荒食い!暑さとの戦いでもありますが、水温も温泉?ってな感じ。高水温に強いと言われるマゴチでも25℃が目安??

あまりにも水温が高いとエサとなる「ベイト」がルアーの届く距離に接岸しない?「シロギス」も150m以上!

こんな時は10円玉ほどの「カニ」なんかも捕食していますよ!なんせ荒食い時期ですから、選んでる暇は無いんでしょう!

ホッグ系ワームのズル引きで波打ち際を探るのも有りです!シーバスよりも顎や歯が頼もしいんで、ソルト用のジグヘッドがお勧めです。

簡単に釣れる夏の時期、暑さに気をつけながらチャレンジして下さい!

マゴチの回遊性は高い?釣れやすい理由!本当?
2015年8月10日お元気でしょうか? いや~暑いですね~!今年の夏は暑い日が多い気がしますが最近、熱帯夜って聞きませんねぇ~? 適度に雨も降らないと釣果に影響がでますねぇ~暑い時期と言えば、産卵前のお腹パンパン「マゴチ」比較的イージー?マ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.