夏の夕マズメサーフで離岸流シーバスにチャレンジ

2012年6月23日

夏の夕マズメサーフでシーバスにチャレンジしてきました。

サーフに到着したのは16時頃。いつも夕マズメは15時頃から始め、離岸流などを探し歩くのでマズメよりも早くサーフにでたかったが仕方がない。

サーフを右から左へと見渡し、狙いどころを探すが波数が多く的を絞るのが難しい。

とりあえず目の前のうねりで開始する。

沖合からうねりが1本やってくる。そのうねりが2つに別れて波打ち際でやっと「ザッパーン!」と崩れる。

ファーストキャストは、2つに別れ始める所を飛距離の出る「ショアラインシャイナーZ120F」で通すこと15分。

反応が無いので狙いを離岸流に変えようと、のろのろサーフを歩き離岸流を探し始めた。

約40m先に離岸流を発見!近寄らず離岸流を横切るように、ルアーを通してくる。数投したが反応がない。

チョイ歩き離岸流の正面に立つが「ん~パス!」

離岸流を通り過ぎて、50歩の所で立ち止り逆側から離岸流を狙うことにする。

3投目のリトリーブ中に巻きが重くなる「グ~フー」

離岸流でフグ

離岸流だけあって魚が集まっている。

写真を取り終え、ふと横を見ると小学生がこちらを見てニヤニヤしている。

小馬鹿にしている笑いだ。
(コンチクショ~)

ここでルアー交換!
「ジャクソンアスリートミノー12SS キスカラー」離岸流の中をシンキングミノーで流す作戦に変更する。

1投目、離岸流の先へ「キャスト&リトリーブ」リールを巻いてくると巻きが重くなる所が離岸流。

重みを感じたらリトリーブを止めベールを起こし、フリーフォールで3秒流す。ベールを戻してラインが張るのを待つ。

ラインが張られ、キスカラーがキスの様に泳ぎだす。

まだリトリーブはしない! ラインが張られ2秒待ってからリトリーブ再開すること数秒。

リールの巻きが軽くなり、離岸流からミノーが出てきた所でロッドを素早く寝かし、糸ふけを出してフォール。

寝かしていたロッドをゆっくりと「リフトアップ!」ロッドがぐいぐい絞り込まれるが私もグイグイ巻く。

夏のサーフシーバス!

離岸流サーフシーバス

「よっしゃー!どーだ!」と周りを見るが、先程の小学生はいなかった…

離岸流の見つけ方「サーフ釣りでの見分け方」画像で解説!
2013年7月1日 離岸流の見つけ方は簡単です!流れが強くていかにも危険な離岸流を見たことがある人ならすぐに探し出し、離岸流かどう...
スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.