流行サーフでフラットフィッシュ狙い・ヒラメ&マゴチ

2012年7月1日
先週は荒れまくっていたサーフも、今日は穏やかでフラットフィッシュには良い条件だ。

最近フラットフィッシュの人気も高くサーフはアングラーで賑わっているのだが、キャストスペースの確保が大変でスペースを探しながらのランガンスタイル釣行!

サーフでマゴチ~!

まず漁港方面に行くが、潮位が低くミノーだとすぐにボトムノックをするので、飛距離の出る「ショアラインシャイナーZ120F」で沖のブレイクを狙うが反応はない。

朝マズメのワンチャンスを手にするには「適切に見切る」判断も必要なので、この場所を見切り水深のある岬方面へ。

歩くこと10分。1人のアングラーとすれ違うと、アングラーの持つフィッシュグリップには60cm程のマゴチが!「釣れてんじゃん!」

すぐに声をかけ状況を聞くと、ヒラメよりマゴチのバイトが多く2ヒットで1本は40前後なのでリリースしたとのことで、やはり岬方面の方が調子がいいようだ。

隙間を見つけキャストを始めるが釣れる気配がない。

釣り人さんが多すぎで波打ち際が見えないほど。

しばらく海面を覗くように歩いて行くと、やや広いスペースを発見した。

「その瞬間!」

本当に一瞬だがベイトが海面を跳ねた。

周りをうかがうが両サイドのアングラーは黙々とキャスト&リトリーブの繰り返し。どうやら気が付いてないようだ。

小走りでその場に入り「ショアラインシャイナーSL12」に付け替えキャスト再開!

「5~6投目にゴッゴッゴーンとバイト!」のけぞるようにアワセる。

引き波の中から強引に寄せたが、マゴチの首振りで一瞬リールを巻く手が止まった。

素早く後退しながらマゴチの抵抗を交わし砂浜にずりあげ!

フラットフィッシュマゴチ

レギュラーサイズだが激混みサーフでサックっと釣れた「ラッキーな1本!」

粘ることも必要ですが、ポイントをあっさり見切ることも重要です。

なかなか上手くいかないのが現状かも知れませんが、こればっかりは経験を積むしか方法はありません。

私は「ほとんど運任せであります!」

シーバスを釣る為には運を味方につける?本気で!
2015年4月29日 最近、LINEスタンプの自作にチャレンジしてまして、ソフトの使い方を覚えるのも一苦労。 知識や技術向上は何をやっ...
スポンサーリンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.